脳梗塞

脳梗塞は年々増加しており、大変死亡率が高い疾患でもあります。

幸い一命を取り留めても、後遺症が残ったり認知症が残るという最大の難点があります。

介護などの問題も考えると家族の問題にもなってくるので、特に予防(再発防止)の観点から考えていきましょう。

 

脳梗塞はある日突然起こる!!

脳梗塞とは、脳の血管が詰まって脳細胞への血液供給が止まって、酸素と栄養が行き届かず脳細胞に障害がおこると「脳梗塞」、血管が破れて出血が起きると「脳出血」「くも膜下出血」と呼ばれ、合わせて脳卒中とよばれたりもします。

過去の日本では「脳出血」「くも膜下出血」が多かったですが、最近は血管が詰まる「脳梗塞」が脳卒中の中で65%まで増加してきています。

おそらく高齢化や食生活の変化、運動習慣の減少、また高血圧薬使用の増加から脳梗塞が増加しているのではないかと思われます。

脳梗塞は心筋梗塞とおなじように突然、症状が起きます。循環器系の疾患はなってからでは遅いのです。

発症まで至らないよう、ちょっとした兆候を見逃さない事も重要です。

 

脳梗塞の兆候リスト

  • 朝起きた時の手足のしびれやマヒ
  • 突然言葉が出なくなる
  • ろれつが回らない時がある
  • 箸を落としたりする
  • 物忘れがひどい
  • 頭重感、ボーっとする

いずれも脳の血管に血液が一時的に流れにくくなった時に起きる症状で、一瞬「詰まりかけた」ときに起きてるようです。

 

脳梗塞自体は治療できても、その原因である動脈硬化は体に残ったまま

これは心筋梗塞もおなじですが脳梗塞の原因は動脈硬化と血栓です。

発症したときは詰まりをとるような脳梗塞の「治療」を行いますが、原因である動脈硬化には有効な特効薬や手術はありません。再発が多い理由は脳梗塞が起こった原因である下地(動脈硬化)が改善されていないからに他なりません。

動脈硬化は老化現象でもありますが、高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満など加速的に動脈硬化を進めてしまう疾患がある方は特に改善に取り組む事が必須になるでしょう。

 

脳梗塞後遺症で半数は10年以内に再発

脳梗塞で一番恐ろしいのは「再発」です。

2回3回と再発を繰り返すたびに体に障害が起こるリスクが跳ね上がります。中でも認知症を一気にすすめてしまったり発症したり、寝たきりを増やしてしまうという事も含めて家族の生活すらも変えてしまう問題にも発展し社会問題にもなっています。

 

漢方での脳梗塞後遺症へのアプローチ

漢方の良いところは、症状だけでなく「なぜ起こったのか」という原因に対しての処方に重点を置いている所です。

現在の症状には西洋医学で、体質改善は東洋医学でというようなイメージもそこから来たのではないでしょうか。

血管自体を強くしていく
血管の質を良くする
毛細血管の血液循環(微小循環)のレベルでの改善

この3つの改善を期待できます。

病院での降圧剤や血液サラサラ(血液が固まらないようにする)の薬とは違い、血圧や決戦の理由自体をとって体を元気にしていく考え方なので、当然併用もできますし、場合によっては病院のお薬の必要のない体づくりとして考えられてもいいかもしれません。

また当店では肥満・内臓脂肪から始まるメタボリックシンドローム(高血糖、高血圧、高脂血)改善のダイエットプログラムも人気です。病院で痩せなさいと言われている方はぜひ取り組んでみてください。

「一生ものの健康を手に入れれた」「体と気分がスッキリした」「健康に自信が持てた」と言っていただく事も多く人気です。

ぜひご相談くださいませ。

 

店舗紹介
練馬漢方堂
〒776-0001
東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル1F
TEL 03-6914-5714
FAX 03-6914-5788
西武池袋線・大江戸線 練馬駅南口から徒歩1分 練馬消防署前

営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜・祝日

 

練馬漢方堂の口コミはこちらをチェック!